ぱた・へね

はてなダイアリーはrustの色分けができないのでこっちに来た

Rust+Clion+WSL2のメモ

Windows+WSL2環境で、Clionを使ってRustのデバッグをするときのメモ。

  • ClionはWindowsにインストーする。
  • cargo new はWindows上で行う。
  • Clionは、Windows上のディレクトリを開く
  • Run onはLocal machine, working directoryはWindowsのパスを選択(図1)
  • Setting -> Languages & Frameworks -> RustのToolchain locationをWSLに設定する(図2)。▼をクリックしたら出てくるはず。出ない場合は、Experimental featuresのorg.rust.wslにチェックが入っていることを確認する(図3)。

図1

図2

図3

これでデバッガと繋がり、ブレークをかけると変数の値が確認出来る。