Paradigms of Artificial Intelligence Programming のKindle版は買ってはいけない

 LL/ML Advent Calendar 6日目の記事です。

12/6日には完成していましたが、あなたが今記事を見ようとした瞬間に記事が文字になり、にインターネットにデータが送られました。遅延評価素晴らしいです。

以前twitterにはつぶやいたのですが、大事な話なのでまとめてみます。タイトルが全てを語っていますが、 Paradigms of Artificial Intelligence Programming の話です。paradimgs of artificiaL inteLligence prograMming kindLe版、LL/ML見つかりましたね。

Paradigms of Artificial Intelligence Programming とは

通称PAIP、日本語版は何故か実用Common Lispです。Amazonで日本語版のレビューが全くないし、身近な人で日本語版買ったって人も聞かないのですが、売れているのでしょうか。ちょっと心配です。

内容は人工知能の入り口を紹介しながらCommon Lispで実装し、アルゴリズムとCommon Lispの技が勉強できる素晴らしい本です。章ごとに実装するAIが変わっていて、各章とも小さいながらも動くプログラムができて、写経しているだけでもとても楽しい本です。英語はそんなに難しくないです。

技術書としては重い部類に入るので、毎日持ち歩くのが大変です。そこでKindleですね!

Kindle 版 PAIPを買ってみた

早速、今読んでいる所の関数を探してみましょう。あれ、索引にしか見つからないな。しょうがないので、ページをたぐってみると・・・ 

f:id:natsutan:20121211091459p:plain

コードは全て画像ファイルになっていて、検索の対象外orz。

まあ、索引で引っかかるなら、ワンアクション増えるけどそこから飛べばOK。

そこから・・・

f:id:natsutan:20121211091518p:plain

クリックしても飛べないorz

それどころか、元の本にあったページ番号も削除されてる。これで、目的の関数探すの無理だろ。電子書籍になるとページの概念が変わるから、そのまま元の書籍のページ番号が無意味なのはわかる。でも、わかるが納得行かない。

 というわけで、Kindle 版PAIPは買っちゃ駄目です。電子書籍なのに、検索性が紙の書籍以下です。紙の本買いましょう。